So-net無料ブログ作成
ワールドカップ ブログトップ

【画像有】噛み付き有名スアレス選手が噛みつく理由と処分 [ワールドカップ]

今日は、噛み付きで一躍有名となったウルグアイの選手
スアレス選手が噛みつく理由と今後の処分について書きます。

★スアレス情報★

国籍   :ウルグアイ
生年月日:1987年1月24日(27歳)
本名   :ルイス・アルベルト・スアレス・ディアス
身長   :181cm
体重   :81kg
在籍   :リヴァプールFC
5663613.jpg
http://people.zozo.jp/alcoholicdesign/diary/379460...より
今回の噛みつき事件により、スアレス選手には
9試合出場停止の非常に重い処分が下されています。

さて、では一体なぜ噛みつき行為をするのか・・・

スポーツ心理学の専門家によれば、同選手のかみつき癖は、
恵まれない幼少時代の経験に根ざしている可能性があるという。

スポンサーリンク



スアレスのかみつき癖について、英サルフォード大学の
トム・フォーセット博士は、BBCに対して次のように語った。

「発育期の体験は、人格形成に確かな影響を与えます。
経歴を見てみると、スアレスはかなり厳しい環境
(貧しい家庭の7人きょうだいの1人)で育ったようだ。

生き残るには戦わなければならなかったでしょう。
世慣れることが必要だったんです」
G20130423005666150_view.jpg
http://m.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/04/23/kij...より

どうやら厳しい家庭環境が彼の現在に大きく影響しているよう。
幼少期は食べ物を買うのが精一杯で スパイクを買うことができなかった、とも言われています。

ただ、どう考えても家庭環境だけでああなるとは思えませんがww

しかもスアレスの今回のW杯の前に前科もある。

2010年11月21日のPSVアイントホーフェン戦にて
終了間際に相手選手のオトマン・バッカルの左肩に噛み付き、
7試合の出場停止処分を受けている。

一体この男、どこまで人を噛むのが好きなんだ。

が、しかし!!

こんなスアレスでも結婚しているんです!しかも5年前の2009年3月(22歳の時)

奥さんが噛みつかれないように祈るばかりですww

日本代表ザッケローニ監督の後任候補はビエルサ氏?謎に包まれた人物 [ワールドカップ]

今日は昨日に引き続き、ザッケローニ監督の後任候補
について書きたいと思います。今日はマルセロ・ビエルサ
本日のコロンビア戦
本当に残念でしたね。

一点取られて後の前半45分
同点に追いついたあの瞬間は
日本中が奇跡を信じたはずです。

後半こそ3点取られてしまい
実力の差を見せつけられた感はありますが、
よくよく考えれば、

FIFAランキング6位のチームを相手に
前半はボールを終始支配して、
積極的に攻める前2戦にはなかった勢い

世界トップ10に入るチーム相手に 堂々と互角の勝負を演じたこと。
20年前の日本の実力では考えられなかったこと。
素晴らしいです!!

スポンサーリンク



しかし内容はどうあれ、そこは勝負の世界。
この結果では、確実にザッケローニ監督は解任。 新監督が就任するという流れは必然です。

では、新監督は誰なのか?
今有力候補に挙がっているのが
マルセロ・ビエルサ

■ 基礎情報
本名   :マルセロ・アルベルト・ビエルサ・カルデラ
国籍   :アルゼンチン
出身地  :ロサリオ
生年月日:1955年7月21日(58歳)
386210_heroa.jpg
http://www.goal.com/jp/news/126/%E3%83%95%E3%83%A9...より
政治家と法律家になる者が多い家系に生まれる。
しかしビエルサは、サッカーに携わる職業に就くことを選択し、
サッカーを続けながら私立高校に通い、大学を卒業した

1970年代後半にはDFとしてオールドボーイズでプレーするも、
25歳で現役引退。すぐにコーチに転身し、
オールドボーイズの下部組織の指導者になった。

その後は、様々なチームの監督を経験。
代表監督を務めた経験があるのは、
アルゼンチンとチリ

戦術マニアとして知られ緻密な作戦を練り、
入念な準備を怠らない。

その戦略作りへの姿勢や精度
結果を出している点からも
監督としての評価は世界でも高い。

ザッケローニ監督の後継者問題が話題となるであろう今後、
ビエルサという名前を知っていると自慢できるかも!!

ワールドカップ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。