So-net無料ブログ作成
検索選択

珍名馬の宝庫!小田切有一の正体とは? [競馬]

今日は、モチやオドロキノサイフなど
珍名馬の名付け親として有名な
小田切有一氏の正体を調べてみました。

氏名  :小田切 有一(おだぎり ゆういち)
生年月日:1942年11月7日
出身  :東京都
学歴  :中央大学卒業
経歴  :福岡県青果生産組合組合長、経営学研究所代表、エール株式会社代表。

父は文芸評論家の小田切秀雄。
叔父には日本近代文学の研究者の小田切進。

弟の小田切統二は、有一同様に馬主。
息子の小田切光は、馬主としての事実上の後継者で、
かつてはバンドマンとして徳永善也(チェッカーズ)とともに
「リトルバッハ」のメンバーだった。

競馬に興味をもった理由は
医者であった祖父が往診時に馬を使っていたこと。
通っていた学校の近くに馬事公苑があったこと。

これからも、競馬ファンを楽しませてくれることを期待しましょう!



スポンサーリンク






nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。