So-net無料ブログ作成
検索選択

飛行機乗らない明石家さんまが、なるべく新幹線で移動する理由 [芸能]

本日は、27時間TVでも大活躍の存在感!
明石家さんまが飛行機嫌いな理由新幹線
を使いたがる理由について伝説をお伝えします。
yjimage.jpg
さて、今から遡ること29年前。
1985年8月12日に起きた、日本航空123便墜落事故。

羽田発大阪行きの日航ジャンボ機が群馬上野村の尾根に墜落、
乗員乗客520人が死亡し、
単独事故としては世界航空史上最悪の事故でした。

実は僕も1985年生まれであり、
小さい頃からよく話を聞かされていました。

でもこうやって改めて活字にすると、いかに
悲惨な事故だったか今更ながら実感します。

さて本題ですが、明石家さんまは当時
この事故機に搭乗する予定でした。

しかし

搭乗を1便早めたために事故に巻き込まれなかった

ということなんです。

当時東京~大阪間の移動にいつも使っていたのが123便で、
事故当日は『オレたちひょうきん族』の収録が中止と
なったため、1本早い便にたまたま搭乗。

その日は月曜日で、ラジオのレギュラー番組
『MBSヤングタウン』の生放送があったのだが、

番組は殆どが事故の報道となり、途中でさんまが登場し、


「遺族のお気持ちを考えると、ちょっとお笑いトークはできませんね。
しかも、日航123便は、この『ヤングタウン』に出演するための
移動手段として、私もよく利用していたんですよ。

今日も123便を利用する予定でした。
でも、仕事が思ったより、早く終ったので今日は、
新幹線で大阪に来たんです。

身体がずっと震えています。

もしかしたら、私も死ぬところだったかもしれない。」

スポンサーリンク


これ以降、ショックでしばらく仕事が手につかず
移動手段を新幹線に切り替え、

北海道沖縄以外の国内移動はどれだけ
スケジュールが切迫していても
飛行機での移動は避けるようになったとか。

本当にあと少しのところで、
明石家さんまの人生は終わりを告げていた。

しかし、どういうことか。
その日だけはいつもの便に乗らないことになった。

お笑い芸人として世の中の人を
笑わせるという天命があったからこそ、
彼は生かされたのかもしれません。

私たちも毎日生きていることに感謝して、
日々ベストを尽くさなければ!

改めてそう実感させられるお話ですね。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。