So-net無料ブログ作成

炎上斎藤佑樹が復活する可能性と頭部生え際の危険性 [スポーツ]

本日は、一軍復帰前の二軍戦で大炎上した斎藤佑樹について。
復活への道のりと、ハゲと噂される髪の毛の生え際騒動を追う。

次回31日のロッテ戦で一軍登板が決まっている本日
イースタン・DeNA戦で4回2/3を投げたものの、
11安打8失点の大炎上をかましたハンカチ王子。

内定していた一軍戦も白紙になるのでは?
と懐疑的な意見も多くなっている。

しかし、高校時代はマー君こと
田中将大と死闘を演じて注目を浴び
圧倒的人気を得た斎藤佑樹。

どうしてここまで差がついてしまったのか。

そもそも人気でハンカチ王子の方があったのは
ルックスの差であるという意見も多い。

確かに爽やかさでは斎藤佑樹の方が
圧倒していたように思える。

しかし、野球の実力は全くの別物
だったということになる。

そんなハンカチ王子が復活するには
どうしたらいいか?

一つのヒントは自信にあると思う。

高校時代は、今やメジャーを代表する
大投手となった田中将大と互角の勝負をし、
甲子園で勝利をもぎ取った選手であること。

そんな事実を思い出し、自分に自信を持つこと。
基本的だけどそんなメンタル的な部分にあるのでは?
と、ふと思う訳です。

一方で、フォームが変わったという意見もあります。

高校時代は軸足にしっかり重心を乗せて
タメが利いたフォームだったのが、

早稲田時代に徐々に変わっていき、
上半身だけで投げているフォームに
なってしまったというのだ。

要は、軸足である右足にしっかりと重心を
乗せきらないまま左足に重心が移動し、
左足に「余裕」がなくなってしまったと。

技術的精神的どちらの面からも
一旦、高校時代のことを思い出してほしいものです。

さて、そんな話のほかにハンカチ王子には
ハゲ疑惑も出ている。

スポンサーリンク



ネットで検索するろなぜか
「斎藤佑樹 生え際」という候補がww

しかし個人的にいうとそんなことは決してなく、
単に元々毛髪量が少ないタイプだと思うのです。

写真を見てもらうとわかりますが、
プロ入り前とプロ入り後を比べても
たいして変わりません。
images.jpg
無題.png
こういう人は色々言われますが
結局ハゲにはならず年とっていくんですよねww

まあ、スターですから色々噂されるのは
宿命ですね。
それより、本業での復活に期待しましょう!




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。